「福島県」の高校受験情報サイト|県立高校・私立高校・高専の入試情報を掲載しています

メールと「LINE(ライン)」の違い?

 

 

子ども達の間で大ブームのLINE(ライン)、その利用者数は、2014年4月に世界で4億人を超えました。日本では5,000万人超と言われております。

 

ライン,LINE,ソーシャルネットワークサービス,SNS

■http://official-blog.line.me/ja/archives/1001168643.html

 

「LINEをやりたいからスマートフォンを買って!」と子供に言われる、保護者の方も多いのではないでしょうか。

すっかりメールに取って代わった様子のLINEですが、そもそも

「LINE」はどういうものなのでしょう?

メールとは何が違うのでしょう? 改めて考えてみました。

 
携帯電話やスマートフォンでは、今まで「通話」「メール(トーク)」「ブログ(タイムライン)」「掲示板(グループ)」等々
それぞれの別のツールを使って行っていました。
しかし、それら全てが「LINE」ひとつあるだけで行う事が出来ます! しかも全て無料(インターネット接続料は別)
 
これは革新的なことです! 友達と繋がる方法も、「電話番号から自動でつながる」「ふるふる」「QRコード」URLを相手にメール」「ID検索」など、数種類用意されています。気軽さ、便利さではダントツです。
「メッセージでのやり取り」という枠を越えた事が、メールをしのぐ理由の一つのようです。
 

また、10代の女の子への街頭インタビューでは、何人もの子が「メールよりLINEの方が感情がそのまま出る」と話しています。 LINEのトーク画面は、会話の吹き出しのようになっており、短文スピード感のあるやり取りが好まれます。

 

さらに、文字を打つより早いスタンプ送信で、豊かな感情表現をしているように見えます。 ただ、そのスピード感ゆえに、負の感情もストレートに出やすいのです。

 

メールを送る時、送信前に一瞬「いや、この言葉は適切じゃないな。違う表現にしよう」と書き直した経験はありませんか?

実は、その一瞬の立ち止まりが非常に重要なのですが、スピード感のあるLINEではそれが見逃されやすいのです。

 

一瞬の立ち止まりがないために、相手を思いやるステップが省かれ、負の感情そのものをぶつけてしまう。そこから思いがけずケンカになったり、大きな事件に発展したりしております。

 

子どもは経験が浅いことから、イメージする力が大人より弱いといえます。 まして、自己形成がされていない子どもに「ネットの中でも上手にコミュニケーションしなければならない」と口で教えても、本当の理解に結びつかないのが現状です。

 

「ネットの中だと本音が言える」

という子どもの声に耳を傾けた時、LINEは、気軽で、便利で、

反応が早くて、楽しい場であることがすぐわかります。

大人にとってもそれは同じではないでしょうか。

LINEを使いこなす大人も増えています。

忘れていけないのは、メールのときに経験した「一瞬の立ち止まり」です。 「これを送っていいのかな?」「投稿していいのかな?」の気持ちを持つことです。 
それはメールであっても、LINEであっても同じであって欲しいと思います。

■■■ コラム提供 ■■■

 

親子スマイルネット 鵜飼 絵美 

htttp://ameblo.jp/ugaiemi/

親子スマイルネット,鵜飼絵美