「福島県」の受験情報サイト|県立高校・私立高校・高専の入試情報を掲載しています

 Ⅱ期選抜 (一般入試)

中学校における学習活動の成果を、総合的にみる選抜。
自校の教育を受けるに足る能力・適正等を総合的に見る選抜。

 

■ 出願

 ・提出書類 ~ 調査書

・Ⅰ期・提携型選抜合格内定者は、出願できない

 

■ 募集人数 

・募集定員から、Ⅰ期・提携型選抜合格内定者数を除いた数

 

■ 選抜内容

●学力検査  国語、社会、数学、理科、外国語(英語)

●問題作成

・中学校学習指導要領に示された各教科の目標、内容を踏まえ、  基礎的・基本的な内容の確実な定着をみる出題を工夫する。  

 ・論述の解答を求める出題や思考力・分析力を問う出題を更に   工夫する。

●学校配点 

 各学校が、生徒の実態や問題の難易度等に応じて、県教育委員会 が各学校に示す各問の配点(標準配点)を変更できる。

●傾斜配点(特定教科の配点の比重を変える)

 ・各学校が、学科の特性を考慮し、特定教科の配点の比重を

  変える事。

 ・志願者の自己申告により教科を選択できる傾斜配点を

  行う事も可能。

 

●面接 各学校の判断で、実施しても、しなくても良い。

 

■ 合否判定

・「学力検査」と「調査書の成績」の比重は原則同等

・自校の特色化を図るために、「学力検査」と

    「調査書の成績」の比重を変える事ができる。

 

①「学力検査」と「調査書の成績」の比重が同等の場合

・「学力検査」と「調査書の成績」が定員内にある者で、調査書の記載事項及び、面接を実施した場合にはその結果に特に問題のない者を合格とする。

・他の者については、「学力検査の成績」「調査書記載事項」「面接を実施した場合にはその結果」を十分に精査して、総合的に判断。

 

②「学力検査」と「調査書の成績」の比重を変える場合

・「学力検査」と「調査書の成績」のいずれか一方の数値を掛けて両者を加えて得られた成績と、「調査書の記載事項」「面接を実施した場合はその結果」とを十分に精査して、総合的に判断。

・上記②を実施した場合、

「学力検査の特定教科への傾斜配点」

「自己申告による傾斜配点」は実施しない事になる。